名古屋市で名物【イカの活造り】を堪能。コリコリの食感と驚きの甘み、旨み

鶴八の軌跡

始まりは

居酒屋

名古屋市内で新鮮ないけす料理を愉しむなら、いけす鶴八いけすつるはち)」へ。新栄店名駅はなれで、名物のいかの活造りをはじめとする、新鮮な魚介類を贅沢に使った料理をご提供しております。その始まりは、創業者が名古屋駅裏側に開いた、居酒屋鶴八です。お客様に愉しんでいただきたいという想いから、当時は珍しい店内の桶で鯛を泳がせる演出を発案。新鮮な魚を食べられる居酒屋として評判を呼び、多くのお客様にご来店いただけるようになりました。

桶の鯛から
いけすのいかへ

いけす

桶で鯛を泳がせ、新鮮なままご提供するスタイルが人気となり、そこから鯛だけでなく様々な魚介類を生きたままお店で管理するという挑戦が始まりました。

新鮮な烏賊が

イカ

創業者が本場博多を訪れ、新鮮な烏賊の美味しさに今までにないような感銘を受けました。新鮮なイカならではのコリっとした食感や甘味、そして旨み。その美味しさを知った時、強い衝撃を受け、まだイカを活造りで食べるという習慣の無い名古屋の皆様にこの美味しさを届けたいと考えました。

職人 調理 水場

その深さに

博多で水揚げされたイカを名古屋に生きたまま届け、活け造りにすることは、決して簡単ではありませんでした。ストレスに非常に弱いイカは、輸送中に互いにぶつかってしまい、それに驚いたイカは墨を吐きます。次第に水槽の中は真っ黒になりますが、イカは暗いところが苦手な生き物。その環境に耐え兼ね、息絶えてしまうのです。このようなイカの特徴があり、それまで名古屋でイカの活け造りを出す店がなかったのです。

そこから、鶴八の試行錯誤の日々が始まりました。どうやったらイカにとって最適な環境で輸送し、お店で管理できるのか。2トントラックを丸ごと水槽にしたり、独自の物流ルートを確立したりといった工夫を重ね、ようやく創業者の想いは実現に至りました。

そして、辿り着く

活造り

いけすから上がったばかりのイカの食感は、格別の食感と味わいを感じさせてくれます。豪快な職人の技が引き立てる鶴八の活け造りは、当店にお越しいただくすべてのお客様にお愉しみいただきたい一皿です。

極上空間が

豪華絢爛、日常を忘れさせるような、非日常の空間。優雅な心地で食事を愉しめる当店は、接待や会食、法事・慶事といった特別な場にもご利用いただいております。

最上部へ